よもぎ蒸し勉強会に参加してきました♫

先日は横浜にて、以前から参加したかった、
Asucaの黄土よもぎ蒸し勉強会「よもぎ蒸しアップグレード塾」でした。


去年の五月にAsucaの黄土よもぎ蒸し座器を購入してから、
いつでも好きな時に蒸せるようになって
毎日のように蒸していますが

よもぎ蒸し師匠たちの豊富な知識、知恵を
これでもか!というほど惜しみなくシェアして頂き
やっぱりAsucaの黄土よもぎ蒸し、凄いわ。って
実験を目の前でやってもらったりして、再確認できました。


経皮吸収の実験。
水道水に含まれる塩素に反応し、ピンクに変化するこちらの試験薬。



1番塩素が強く出ている、右のコップに
Asucaのよもぎ蒸し用の無農薬漢方を入れてみると

真ん中の透明なコップが水道水オンリー。
左が水道水を入れ、検査薬を入れたもの。
塩素に反応してピンクになってる。
右は、水道水を入れ、更に水道水で手を洗った状態の手をコップに入れて、検査薬を入れたもの。

水道水で手を洗ったら、手に水道水の塩素が付いて、それをコップの中でゆすいだ為
塩素が更に強く出ています。

漢方を入れて1分も経たないうちに、
よもぎの艾がどんどん塩素を吸収して
濃いピンクだった水の色が、どんどん薄くなっていきました。

経皮吸収でも、部位として
デリケートゾーンは腕の42倍、
よもぎ蒸しは粘膜吸収もあるけど
粘膜吸収は、腕の60倍!吸収するから
本当に安心安全なものを吸収したいものだなぁと感じる。

逆に安心安全なものでないと、危険なくらい。


よもぎ蒸しは、木の座器で もともとされていたものだそうですが
11年前にAsucaが初めて黄土で座器を開発。

黄土の持つ自浄作用と、温めることで発生する遠赤外線の力

そして元々肌が弱くて敏感だった社長がこだわりぬいて開発した、
無農薬よもぎを使用した、絶妙なブレンドの漢方の力が相まって

Asucaの黄土よもぎ蒸しは、本当にパワフルなデトックス効果があり、
身体、血の、大掃除にもってこい
のアイテムであることがよく分かりました。

現代日本は、海の汚染による水銀やヒ素、
基準値の甘い農薬や、ホルモン注射をされた動物のお肉などが当たり前に出回っているし

3.11の原発事故以降の空気汚染、中国からの大気汚染など
普通に暮らす上で、それらの汚染を避けることはとっても難しい状態。

それらの毒素、いわゆる文明毒素というものは
昔の人間と同じままの内臓たちにとっては
毒素と見なされず、どんどん肝臓に溜まっていくそうです。

そして、その肝臓に溜まった毒素は
皮脂腺から汗をかくことからしか、排出出来ないのです。

それが出来るのが、黄土よもぎ蒸し。
毎日蒸せるのがもちろんベストですが、
1週間に1〜2回でも蒸せたら
身体のためには、かなり良いと思います。
(わたしも販売することが出来ますので、
ご興味のある方は是非お問合せください)

わたしのおうちサロンでも、
黄土よもぎ蒸しを体験することが出来ます。


勉強会の最後に、ご一緒させていただいた皆様に聴いてほしくて
一曲唄わせて頂きました。
唄いたくなったら、何処でも唄うことにしました。

わたし的には、めっちゃドキドキする立派な挑戦です。


黄土よもぎ蒸しへの確かな知識と、真っ直ぐな愛と情熱に溢れた
サロン・セロームの横堀オーナー様、
黄土よもぎ蒸し伝導師のるーさん、
本当にありがとうございました。

伊勢の里山おうちサロン・あまのはら

伊勢の里山にある古民家で、 ひっそりと黄土よもぎ蒸しをしている 子宮の唄うたい・ツダユキコの 「おうちサロン・あまのはら」のWebsiteです。

0コメント

  • 1000 / 1000